自律神経

「虐待が脳を変える」新曜社

虐待、愛着障害、精神疾患、PTSD、うつ病と、脳の発達の関連について、脳科学者の友田明美氏とフリーライターの藤沢玲子氏によって書かれた本を読んだ。中盤まできて以前に読んだことがあると気が付いた。その上で気になったことが以下です。


・褒められるのは、お金など報酬をえるのと同じ喜びと脳が認識する。実験で脳の反応をfMRIで調べたところ、脳の線条体が賦活した。これは褒められるとお小遣いをもらるのと同じくらいやる気が出ることを意味している。


・虐待を受けた時期が小さい時であるほど脳は通常とは違った発達をする。その結果は思春期を過ぎた頃に脳に表れる。


・虐待を受けただけでなく、DVを見た時にも脳はダメージを受ける。それも身体的暴力よりも言葉により、DVを目撃した人の方が脳へのダメージが6倍も大きかった。


親の喧嘩は子供に見せてはいけない、の根拠になる内容でした。

Ptsd   

 

 

| | コメント (0)

潰瘍性大腸炎の改善、自宅のお灸効果

潰瘍性大腸炎の女性患者さん。初回の問診で寛解期と仰っていました。鍼灸を開始した時は寛解期とはいえ症状がありました。

夜中の睡眠中に目が覚めてトイレで排便がある。昼間は粘液、出血が少しあるとのこと。

治療を開始して5回目の頃、夜中にトイレに行っているが、その後はすぐに寝られるようになりました、とのこと。伺うと今までは夜中のトイレの後はなんだか寝られなかったそうです。それでは昼間は眠かったのかした?と伺うと、眠かったのだそうです。でも今は昼間はすっきり動けるようになったとのこと。

昼間の粘液、出血も減ってきました。潰瘍性大腸炎の症状で粘液、出血がへるのは病状が改善している証拠です。内臓の傷が良くなるから出血が減り、傷を治すための粘液、傷を保護するための粘液が減るのです。

実はこの頃、つまり彼女の夜中の睡眠が改善する前に、彼女と私は相談して自宅のお灸を開始していました。背中や腰のツボに自宅でお灸をして頂くので、ご家族の協力が不可欠でした。そこで彼女は多忙を極めるパートナーに頼んでお灸をしてもらうことにしました。

この後から夜中の睡眠が変化しています。睡眠のリズムは自分でそうそう変えられるものではありません。緊張している自律神経=交感神経がゆるんでもう一つの自律神経=副交感神経が優位なると心身ともにゆったりして眠りに入れるようになります。この自律神経の調節は脳の視床下部で行われています。自宅でのお灸が脳の視床下部の興奮を変化させたと考えられるポイントはいくつかあります。

1、ツボにお灸する、その熱刺激により身体の自律神経が変化した。

2、彼女はこの自宅のお灸が気持ち良いと仰っているので、その快適な刺激により身体がリラックスして副交感神経が優位になった。

3、信頼しているパートナーが多忙極める中で彼女に向き合う時間を作ってくれている、という慶びが副交感神経を優位にしている。

4、多忙な中で自宅のお灸の間が会話の時間となりパートナーとの信頼が深まり彼女の精神的な安定をより深くして副交感神経が優位になった。

5、パートナーにも彼女がお灸してあげることで彼女が家族の支えになっているという役割、立場が彼女の精神的な安定になり副交感神経が優位になった。

6、お灸は免疫のメインであるヘルパーT細胞を活性化するので彼女の体内の免疫系が整って粘液、出血が減ってきた。この潰瘍性大腸炎の症状の改善が彼女の精神的な安定に作用して副交感神経が優位になった。

7、夜の眠りの質が良くなると免疫系が整うので潰瘍性大腸炎の症状が改善し、彼女の不安が減ったことで副交感神経が優位になった。

思い当たるのはこんなところでしょうか。実のところ彼女の心は安らいできているそうです。

自宅のお灸恐るべしです!あなどれません。

| | コメント (0)

天気痛、気象痛、天気病

気象痛、天気痛ってご存知ですか?天気の変化、気圧の変化、台風などでおこる不調で新しい概念です。とはいえ昔から感じている人は多かったはず。私もゴールデンウイークは頭痛で寝込んでいました。症状は2つに分けられます。

①痛み:頭痛、片頭痛、古傷が痛む、術後の傷が痛む。
②つらい:首コリ、肩こり、気分の落ち込み、イライラする、からだがだるい。

これらの症状は内耳の血流が悪い方に起こることが分かってきました。鍼灸で耳の後ろのツボ達を刺激して血流を良くしますと天気による痛み、つらさが改善しています。

春先は三寒四温で天気の変動が大きいので体調を崩しやすい方は鍼灸治療も選択肢に入れてみてくださいね。

こちらも参考になさってください。

東京都板橋区志村1-1-13

女性のための鍼灸メイ治療室

03-3966-3828

都営三田線、本蓮沼、志村坂上から徒歩5分

| | コメント (0)