産後の肩こりと母乳トラブルのツボ

3月20日祝日に鍼メーカーのセイリン株式会社主催の講座「産後の肩こりと母乳トラブルのツボ」の講師として、講義&実技をさせて頂きました。

この写真は赤いニットを着た私が「天宗」というツボのとり方をお伝えしてる様子です。天宗は肩こりにも母乳にも良く効くツボですが、場所を探すのが難しいのです。そこで身体を触りながら一緒にツボを取っています。まるで鍼灸学校の実技の授業みたい~

Img

私自身、出産は助産院を選んでおり、その経験から実は助産師になりたいと思っていました。子育てが一段落した時に助産師になるにはどうしたら良いかを調べましたら、まず看護師の資格をとり、さらに助産師の勉強をするので最低4年もかかることを知りました。私には無理そうと思い、そこでもう一つ他に興味のあった鍼灸に進むことにしたのです。

ところが私は鍼灸学校3年の後に、教員養成過程2年に進学したので合計5年を費やしました。だったら助産師を選べば良かったわ~、と思うのは後の祭りですねcoldsweats01

さあ、講座の話です。出産後の悩みは何と言っても母乳トラブルですね。今回ご参加の助産師さんから

「最近は母乳が出過ぎる方が多くなっています、昔は出過ぎる人は今より少なかったので、食事が関係しているのかしら」

という談話がありました。母乳が出過ぎれば詰まるし、出なくければ赤ちゃんは泣くし、どちらも困るのです。

さて講義では

①母乳は血液からできており、これを運ぶ血管が要。

②母乳が詰まるのは、血液が溜まっている。

③血管の交通整理が重要。

と私の考え方を説明しました。

交通整理の考え方はこうです。血管は筋肉で出来ています。筋肉は縮んだり伸びたりします。ですから血管も伸縮するのです。詰まりを解消するには、血管をギュッと収縮させて詰まった物を排出させます。中身の血液が排出しますと、今度は血管は伸びて(血管が太くなって)次の血液がやってきます。

もし乳腺炎という炎症がおきていれば、フレッシュな血液には炎症を治す白血球が含まれています。血管の詰まりを解消すれば乳腺炎を修復してくれます。

血管という筋肉は自律神経で動いています。鍼灸は自律神経をコントロールするのが得意なのです。これが母乳の詰まりや乳腺炎に鍼灸が効果を出せる機序だと思っています。

一方で母乳不足も血液循環を良くすることが効果的です。ただ母乳不足はさらにプロラクチンという母乳を作るホルモンが必要です。鍼灸で血流アップしつつ、授乳を頻回に行いプロラクチンを分泌する刺激も大切です。

母乳トラブルのツボといえば「膻中」です。ネットでヒットするのも膻中です。場所は前胸の中央、骨の上で乳頭の高さです。でも私はこの膻中で効果を出せるとは思えないのです。私はツボというのは大雑把な目印でしかないと考えています。なぜそのツボを使うのか、その理由を考えることが大切です。

講義では母乳の素である血液の通り道と膻中というツボの関係を説明し、膻中をどう捉えて、どう活かしていけば良いかをお伝えしました。

おっぱいに血液を運ぶには胸につながる肩、背中の血管も視野に入れて治療していきます。そこで肩こりのツボもご紹介しました。実技では二人一組になり「こりスポッと」というツボを刺激するシールをツボに実際に貼って行きました。和気あいあいと楽しかったですよhappy01

肩こりと母乳の関係の記事はこちらです

Photo_2実技でツボにこりスポッと貼った後、場所がちゃんとわかるよう、写真に記録中!

Img_2

講習会後のアンケートに「血管を収縮させる考えかたにヒントを得ました」とあり、嬉しかったです。

私は講師という立場でしたが、助産師の皆さんから普段お困りのことが色々と伺えて、実は私が勉強させて頂きました。これをもとにして鍼灸でさらに多くの女性のお役に立てればと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お灸講座の開催のお知らせ

今年も板橋区の女性健康支援センターでお灸の講座を担当させていただきます。

昨日の板橋区の広報誌でお灸講座の参加者募集のお知らせがでていたと、患者さんから教えて頂きましたので、ブログでもお知らせさせてくださいね。
★~~~~★~~~~★~~~~★
6月16日(月)13:30~15:30
夏の冷え予防講座
「~お灸とはりでツボ刺激!上手な夏ばて対策~」
お申込みは板橋区公式HPからどうぞ。
★~~~~★~~~~★~~~~★
内容は、実際にツボにシールを貼ります。正しくツボが取れているかどうかを、鍼灸師がチェックして、実際にお灸をします。
以前の講座の写真↓です、こんな感じで実際にお灸をします。
Image311
お灸に興味があるけれども、使い方がわからない方、
火傷(やけど)をするのでは、と心配に思っていらっしゃる方、ぜひお越しください。
火傷にならない、気持ちの良い温かさのお灸を使いますので、ご安心ください。
お灸は免疫機能を高めてくれます。免疫は齢を重ねる毎に下がりますので、ご自身で免疫をメンテナンスするのには、もってこいの方法がお灸です。
使い方は簡単ですし、どなたも薬局で安価で手に入ります。
多くの方にお灸の良さをお伝えできるこの機会を私はとても楽しみにいています。
ところで、板橋区女性健康支援センターではお灸講座以外にも多くの講座が開かれていますので、ぜひこちらをご覧になってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

安産

つわりが終わる時期をとうに過ぎているにもかかわらず、ムカムカするのです、と妊娠7ヶ月の妊婦さんがいらして、鍼灸で体調を整えました。1回目の治療が終わった後

「まったくムカムカしません、ええ~、鍼灸ってすごい!」

とおっしゃってました。それから、安産鍼灸の治療を継続してくださりました。

「もうお腹が大きくてシンドイから、予定日より早く産みたい~~!」

と弱音を吐くも、ほぼ予定日の出産となりました。今日では体重が多い赤ちゃんが、成人病リスクが少ないと言われています。彼女の赤ちゃんも3200グラムと立派でした。

メイ治療室では、子宮の動脈(胎盤に栄養を届ける血管)が広がるツボを使っているので、どの赤ちゃんも3200グラム以上で産まれています。しかも安産!

この方も初産にもかかわらず、陣痛がついて6時間のスピード出産!でした。

長引く陣痛は母体を消耗させます。そして母体が疲労すると陣痛は遠のき易くなる、の悪循環に陥ります。

私の考える安産とは、陣痛が始まったら、一歩も引くことなく、着実にゴールを目指して歩を進め、最短の時間で出産するものです。これが母体の疲労が少なく、産後の育児のための体力が温存できる形だと考えています。

妊婦さんには安産を迎えていただけますよう、その方に合わせたツボを使って安産灸や安産鍼灸をしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

つわりも色々

去年2月頃の話です。そのブログはこちら
つわりの方が「鍼灸治療を受けた日は、私ってこんなに調子が良かったんだ~~、とパクパク食べられるんです」とおっしゃいました。それならば(皮鍼をシールで貼っていれば、鍼灸治療と同じ状態が作れるのではないかしら)と考えて、シールの皮鍼を貼って帰っていただきました。

翌週、彼女が治療に見えると「先週はつわりが大変でした」とのこと。
伺うと、どうもシールの皮鍼が合わなかったのです。シールを剥がしたら、調子が良くなったとおっしゃるのでした。

皮鍼で失敗したのはこの1件のみですが、それ以来私はつわりに皮鍼を使うことは止めていました。

ところが治療していれば、色々なケースがあるもので、再度つわりの方に皮鍼を貼ってみようという事になりました。私は先例を考えると心配だったので、前回の失敗例を伝え、具合が悪くなったら皮鍼を剥がしてくださいと話しました。

翌週、この方が見えた時、真っ先につわりについて伺うと、すこぶる調子が良かったとのこと。

う~~ん、一概につわりに皮鍼がダメ、という事ではないのだ。一例だけで判断せず、時には果敢に攻めの治療に出ることも大切なのだ。と考え直しました。
この方の治療を担当させていただき、新たな発見ができたことに感謝しています。

| | コメント (0)
|

草刈民代さんの鍼治療

草刈民代さんのテレビ出演を見ていたら、鍼治療に週1回通っているという。そして治療風景が放映された。鍼が刺入されると草刈さんは顔をしかめた。

私(え?そんなに痛いの?)

その後、数回鍼が刺入され、そのたびに彼女の顔が痛みでゆがむ。
司会者が「鍼を入れるのだから、痛いんでしょうね。。。」 と合いの手を入れている。

通常の鍼治療は痛くない(痛点に当たると痛い)のだけど、スポーツ分野の鍼灸は、特殊なのかしら。と思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

美容鍼 ・ 眉間のシワ

眉間のシワ、特に縦に入ったシワは気になるもの。
シワの出来始め、シワが深くなる前であれば、鍼で浅くすることが出来ます!!

以前に眉間のシワを鍼でなおした方が、またまた眉間にシワが復活していました。伺うと、4月になり仕事が忙しいとのこと。さっそく眉間のシワに対して美容鍼をすることに。

結果は、見事にシワが消えました

彼女は治療後に眉間を指でさわって「皮膚がペッタンコになってますね、すごい~~」とおっしゃっていました。眉間のシワは、指でさわると凸凹しています。その凹みが影を作ってシワを深く見せます。鍼で皮膚の凸凹を平らにできるので、シワがなくなるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

花粉症の症状、改善のアンケート結果です

花粉症の方に皮鍼をツボに貼ってもらい、症状の変化をアンケートに書いていただいた結果です。もっと早くにご報告したかったのですが、エクセルの表をうまくUPできず苦戦しておりました。jpg加工の方法が今日わかりましたので早速ご報告いたします。

Photo_6 皮鍼を貼る前の症状を10として、皮鍼を貼った後は症状がどの位に変わったかを数値で書いてもらいました。数値が大きいほど症状はつらく、数値が小さいほど症状は楽になっています。(N=27人)

症状がほとんどなくなった「1」は37%、10人でした。
また症状が半分以下になった「1~5」は85%、23人でした。
その反面、変わらない「10」は4%、1人でした。

この被験者の中には、普段鍼灸を受けていない方もいらっしゃいます。鍼灸治療を併用しなくても充分に症状が改善していることが分かりました。

このアンケートを実施し、皮鍼の効果を実感できました。

興味深いエピソードも多くありました。例えば

私の場合は劇的な効果がありました。何より「効いている」と実感するのは皮鍼を外した直後からすぐに鼻水がダラダラ出てくる時です

というエピソードは1人や2人ではありませんでした。

今回のアンケートでは皮鍼を使った、鍼灸治療の新たな方向性が見えてきました。この結果をメイ治療室の臨床に生かし、皆さまの健康に還元していきたいと考えています。

ご協力くださり、どうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

花粉症の鼻水が止まった

現在、花粉症のアンケートをお願いしています。その際に皮鍼を貼ってもらっています。
今日も皮鍼を貼りながら、アンケートを書いて頂きました。

「鼻水はとまっているようだけど、この皮鍼が効いているのでしょうか?」
ということで試しに皮鍼をはがしてみました。すると

「あっ、鼻水がつつーーっと出てきました!!」 と、はがしたとたんに鼻水が出てきました。

皮鍼が鼻水の症状に効くのだと実感した瞬間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

花粉症に皮鍼のアンケート

以前ブログに書いた花粉症に皮鍼 、他の方々にもお薦めしたところみなさん好調です。
そこで、どの程度効果があるのか調べてみようと思い、アンケートを作成しました。

明日から花粉症に皮鍼を使ってくださっている方々にアンケートをお願いする予定です。アンケートにご協力くださった方には粗品を用意させていただきます、どうぞよろしくお願いいたします。

私がお声掛けを忘れていましたら、どうぞアンケートにご協力いただける旨をおっしゃっていただけますと幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

咳止めの鍼

ゴホゴホと咳が出過ぎると、胸の筋肉が痛くなることがあります。
咳をするとき、喉を通過する風は新幹線並みと聞いたことがあります。
夜間の咳は睡眠をじゃまします。

咳が止まれば、体が休まるので、風邪の回復も早まります。

さて、先週はスタッフが風邪で休んでいました、
だいぶ良くなったので今週から治療室に来ていますが
咳が止まらず苦しそうです。そこで昼休みに咳止めの鍼をしてみました。

以前、私が鍼灸の教員養成科に通っていた時に風邪で欠席していたのですが
どうしても聞きたい授業があり出席しました。しかし咳が止まらず
クラスメイトが授業を受ける邪魔になるので
私が聞きたい所になったら呼びに来て欲しいと伝えて
隣の実技室に行き、実技用のベッドに寝ていました。
ベッドはいくらでもある学校なので便利ですね~~wink

すると呼びにきた友人が咳止めの鍼が効くから刺してみよう、と言います。
私は信じていなかったのですが、授業の邪魔にならないよう咳が止まって欲しかったので彼女にお願いしました。彼女がツボ1個所に刺すと
あ~~ら不思議、全く咳が出なくなったのでした。

それ以来、咳が出る患者さんに同じツボを使っています。
よく効くので喜ばれているのですが、時々なぜか効かない時があります。

私がふだん使っているのは日本の細い鍼ですが友人が私に刺したのは太~い中国鍼でした。それで今回スタッフにはぶっとい鍼をブスっとやってみましたよ、そうしたら、ばっちり効いたのでびっくり。
もちろん、太い鍼を使ったのは内緒ですとも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧