妊娠

妊婦さんの治療、恥骨の痛み

先日、助産師を対象にした「産後の肩こりと母乳トラブルのツボ」講座の講師に招いて頂いた記事を載せました。その記事を書きながら10年以上に渡る妊婦さんの臨床について、あれこれ振り返ったので書き留めてみます。

メイ治療室は女性専門ですので、逆子が治らない妊婦さんや、産後は母乳のトラブル、腰痛、肩こりはもちろん、足の裏(足底)の痛み、膝の痛み、朝起きられない、腕がしびれる、指が痛い、疲れやすいなど、様々な症状をお持ちのママ達が、板橋区の地域の助産師さんから、また産婦人科に勤務されている助産師さんから勧められてお見えになります。

逆子を治すには昔からお灸が良く効くことが知らせているからでしょう。また助産師さんの中にはご自身が鍼灸治療を受けられて、鍼灸治療が安全であること、妊婦さんが(もちろん産後の女性も)鍼灸を受けても大丈夫なことをよくご存知でいらっしゃるので勧めて下さるようです。

このようなご縁も含め、私は妊娠中の女性の身体が変化する様子を拝見する機会に恵まれました。実際に妊婦さん、そして産後の女性の治療を進めて行きますと、皆さんそれぞれに他のつらい症状があったり、新たに出てきたりします。

とくに妊婦さんは、赤ちゃんが育つと同時にお腹がせり出て姿勢が毎日少しずつ変化して行きます。その過程で、個々の弱い部分に負担がかかり様々な症状が出てきます。例えば腰痛はもちろんですが、会陰が痛い、恥骨が痛い、下腹が引きつれて痛い、ふくらはぎがつる、太ももがつらいなどなど。

これらは鍼灸治療で改善しています。例えば多くの妊婦さんが感じる恥骨の痛みを考えてみましょう。その原因としてリラキシンという身体をゆるめるホルモンが恥骨を作る2つの骨の結合をゆるめるので、痛みが出るという説があります。恥骨の結合部がゆるんだら、そもそも歩けないでしょう?と私は思っていました。だってそれは骨折してるのと同じなんですから。

原因は他にあると考え、恥骨に痛みを起こすと考えられる部分に鍼灸でアプローチしてみました。すると良い具合に痛みが取れることがわかりました。

鍼灸治療で出産に必要なリラキシンの分泌を即座にストップできるとは思えません。痛みが改善するということは、やはり原因はリラキシンではない、恥骨結合部のゆるみではないと確信しました。

そして治療後に(なぜ、この方法で恥骨の痛みが取れるのだろう?)と振り返って自分の治療を検証しますと、妊婦さん特有の身体の変化が原因とわかってきました。

すると、今度は妊婦さんの他の症状についても、その原因が見えてくるようになりました。

患者さんとの対話、つらさを持つ身体との対話、症状と対話することで、沢山教えて頂きながら、私の治療スタイルも変化しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

産後の肩こりと母乳トラブルのツボ

3月20日祝日に鍼メーカーのセイリン株式会社主催の講座「産後の肩こりと母乳トラブルのツボ」の講師として、講義&実技をさせて頂きました。

この写真は赤いニットを着た私が「天宗」というツボのとり方をお伝えしてる様子です。天宗は肩こりにも母乳にも良く効くツボですが、場所を探すのが難しいのです。そこで身体を触りながら一緒にツボを取っています。まるで鍼灸学校の実技の授業みたい~

Img

私自身、出産は助産院を選んでおり、その経験から実は助産師になりたいと思っていました。子育てが一段落した時に助産師になるにはどうしたら良いかを調べましたら、まず看護師の資格をとり、さらに助産師の勉強をするので最低4年もかかることを知りました。私には無理そうと思い、そこでもう一つ他に興味のあった鍼灸に進むことにしたのです。

ところが私は鍼灸学校3年の後に、教員養成過程2年に進学したので合計5年を費やしました。だったら助産師を選べば良かったわ~、と思うのは後の祭りですねcoldsweats01

さあ、講座の話です。出産後の悩みは何と言っても母乳トラブルですね。今回ご参加の助産師さんから

「最近は母乳が出過ぎる方が多くなっています、昔は出過ぎる人は今より少なかったので、食事が関係しているのかしら」

という談話がありました。母乳が出過ぎれば詰まるし、出なくければ赤ちゃんは泣くし、どちらも困るのです。

さて講義では

①母乳は血液からできており、これを運ぶ血管が要。

②母乳が詰まるのは、血液が溜まっている。

③血管の交通整理が重要。

と私の考え方を説明しました。

交通整理の考え方はこうです。血管は筋肉で出来ています。筋肉は縮んだり伸びたりします。ですから血管も伸縮するのです。詰まりを解消するには、血管をギュッと収縮させて詰まった物を排出させます。中身の血液が排出しますと、今度は血管は伸びて(血管が太くなって)次の血液がやってきます。

もし乳腺炎という炎症がおきていれば、フレッシュな血液には炎症を治す白血球が含まれています。血管の詰まりを解消すれば乳腺炎を修復してくれます。

血管という筋肉は自律神経で動いています。鍼灸は自律神経をコントロールするのが得意なのです。これが母乳の詰まりや乳腺炎に鍼灸が効果を出せる機序だと思っています。

一方で母乳不足も血液循環を良くすることが効果的です。ただ母乳不足はさらにプロラクチンという母乳を作るホルモンが必要です。鍼灸で血流アップしつつ、授乳を頻回に行いプロラクチンを分泌する刺激も大切です。

母乳トラブルのツボといえば「膻中」です。ネットでヒットするのも膻中です。場所は前胸の中央、骨の上で乳頭の高さです。でも私はこの膻中で効果を出せるとは思えないのです。私はツボというのは大雑把な目印でしかないと考えています。なぜそのツボを使うのか、その理由を考えることが大切です。

講義では母乳の素である血液の通り道と膻中というツボの関係を説明し、膻中をどう捉えて、どう活かしていけば良いかをお伝えしました。

おっぱいに血液を運ぶには胸につながる肩、背中の血管も視野に入れて治療していきます。そこで肩こりのツボもご紹介しました。実技では二人一組になり「こりスポッと」というツボを刺激するシールをツボに実際に貼って行きました。和気あいあいと楽しかったですよhappy01

肩こりと母乳の関係の記事はこちらです

Photo_2実技でツボにこりスポッと貼った後、場所がちゃんとわかるよう、写真に記録中!

Img_2

講習会後のアンケートに「血管を収縮させる考えかたにヒントを得ました」とあり、嬉しかったです。

私は講師という立場でしたが、助産師の皆さんから普段お困りのことが色々と伺えて、実は私が勉強させて頂きました。これをもとにして鍼灸でさらに多くの女性のお役に立てればと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

母乳不足の原因

母乳につて前回(こちら)の続きです。

逆子治療にお見えになり逆子が治った妊婦さんの話です。彼女が鍼灸を受けたところ、体が変わって楽になるので、ぜひ安産鍼灸を受けたいとおっしゃって、鍼灸を続けていたところ気がついた事がありました。

彼女は右肩こりがあるので、そちらも治療する事になりました。

よく伺うと、肩コリのある右肩に続く右腕が夕方にダルクなる日があるとのこと。そうなってしまうと、夜寝る時に、腕をどこに置けば楽になるのか、探しながら床に就くとのことでした。

体の動きをチェックすると右腕が上手く動かせません。右の背中に原因がある様子でした。そこで背中を治療したところ、右の肩コリもすっと取れました。

その後、しばらくは右肩コリも右腕のダルサもおさまって良かったのですが、また再発します。そこで、日常の生活習慣を伺い、原因を探しながら治療をしました。

私にしてみると安産治療をしているのだけど、肩こり治療もしている状態。妊婦さんには、妊娠週数に合わせたアドバイスをしているので、肩こり治療をしならが、同時に母乳の良い点に言及していた時、ふと気づいたのです。

右腕の動きが悪い → 右胸周りの血流が悪い → 母乳が出にくい!!

この妊婦さん今回は2回目の妊娠。じゃあ、最初のお子さんの時、母乳の状態はどうだったのかしら???

私は「右のおっぱいにトラブルがあったのではありませんか?」と思い伺いました。

「う~ん。。。ああ、そうでした!思い出しました。母乳マッサージにも行って頑張ったのですが、右の母乳の出が悪く、赤ちゃんも左ばかり飲むし、途中で粉ミルクに切り替たんです。そうでした、いま思い出しました」とおっしゃるではありませんか。

彼女はもうすく出産します。そこで、右肩の動きを良くして→右胸の血流を改善し→おっぱいの出を良くする、という流れを作る事も、安産治療というものです。

彼女に、母乳は血液を原料にして出来ていること。血流が良ければ、出がよくなる事。なぜ前回の授乳が右にトラブルがあったのかを説明し、納得して頂き、治療を進めていきました。

おっぱいの出や、授乳でお困りの方はぜひおちかくの鍼灸院にご相談くださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

母乳のメリット、良い点

赤ちゃんに母乳をあげることには、多くの良い点があります。例えば

赤ちゃんの胃腸はまだ未熟なので、消化酵素がたくさん出せません。胃腸は日々成長てし、6ヶ月かけて消化酵素の分泌を整えていきます。お母さんの体は赤ちゃんの生まれった日を知っているので、母乳は赤ちゃんの消化酵素に合った栄養を、6ヶ月の間、毎日毎日変化していくのです。

大は小を兼ねるといいますが、多過ぎる栄養を与えられたら、赤ちゃんの体には負担がかかりますよね?母乳の含む栄養は日々変化して、赤ちゃんの体に負担を掛けることなく、そして必要な栄養は十分に満たしているのです。

母乳を分泌したことのない体は、最初は上手く行きません。でも、この事を知っておいて欲しいのです。母乳の量は、母体が決めるのではなく、赤ちゃんが母乳を飲む量(赤ちゃんが乳首を刺激する量)で決まるという事を。ですから腰を据えて母乳を与えることが肝心です。

実は最近、妊婦さんで逆子治療にいらして逆子が治った方との会話で興味深いことがありました。母乳不足の話です。次は母乳不足の原因について書きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

高齢出産

40代半ばでの出産は、様々なリスクがあり心配で鍼灸治療を受けていらした方から、スピード安産でしたとご連絡を頂きました。おめでとうございます!!とってもうれしいです。ありがとうございました。とお返事しました。

この方は、お腹が張りやかったのですが、鍼をしてお腹を柔らかにしますと歩き易いとおっしゃっていました。また胎動がとても多かったそうです。胎動が多いということは赤ちゃんの運動能力を高める良い機会と私は考えています。

母子手帳の後ろに、赤ちゃんの成長を測る質問がありますが、その多くは運動に関連した質問しています。例えば

寝返りする
はいはいする
立つ
歩く
走る
お喋りする
スキップする

おっぱいを吸ったり、お乳をごっくんするのも運動です。呼吸は脳が調節している運動能力の一つです。寝ている間も呼吸をしていますよね?それは脳が調節してくれているからです。

妊婦さんに鍼灸をして10年以上が経ちました。鍼灸をすると胎動が増えるとおっしゃってくださるので、その意味を考えてきました。胎動は赤ちゃんに沢山の刺激を与え、脳を刺激しているんだなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

妊娠中お腹がはる、息苦しい

今年は暖冬と言われていますが、12月に入ればそれなりに寒くなってきました。特に妊婦さんは冷やさないよう気をつけましょう。

さて、寒いと妊婦さんはお腹が張り易くなります。お腹がしょっちゅう張りますと、お腹から続いている太ももの皮膚も引っ張られて、歩きにくくなります。また、胸周りの皮膚や背中の皮膚も引っ張られて、胸郭が広がらないとでも言いましょうか、呼吸が苦しくなります。私自身もそうでしたので、よ~く分かります。

さて、そのような場合、鍼灸でお腹をゆるめてあげますと、まず呼吸が楽になります。そして足の運びも楽になります。

先月お見えになった妊婦さんに、この治療をしましたら、治療の後に受付で座っていらっしゃる時に

「動かなくても、ただ座っているだけで楽になったのが分かります、はあ~♪」

とお顔も緩んでいらしゃっていました。

妊婦さんは、今までにない負荷が体にかかっています。身体が新しい経験をしるのです。それは、身体を開発していることに他ならないと私は考えていますが、なにしろ苦しいのは本当の事実。

妊娠中に歩きにくい、息苦しい、お腹だけでなく背中の皮膚が突っ張る、という症状は鍼灸で対応できます。どうぞ、ご相談ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

副鼻腔炎に気をつけて

今年は、酷暑と思っていましたら、8月のお盆から梅雨入り?を思わせる天気になり、9月のお彼岸前にはすっかり涼しくなしました。先週は10月末の寒さで、あわてて掛け布団を出された方もいらしたようです。

さて、ちょうど今頃、お彼岸が過ぎますと、太陽が遠ざかる時間はどんどん涼しくなります。涼しくなると鼻水がでる方がいらっしゃいます。

特に妊婦さんは、鼻水が出て、それが副鼻腔炎に発展しやすいのです。

鼻水が出たら(出ていなくても)、涼しいな~寒いな~と思ったら首元にスカーフを巻きましょう!もし巻いて暑ければ外してくださいね。

ご自分の身体の訴えを聞いて、身体に親切にしてあげましょう!

妊婦さんは免疫が下がっているからというのが理由だそうですが、私の体験としては、妊娠以降、出産、育児の間は病気知らずだったので、母になると体が頑丈になるんだな~、と思っておりました。

でも、それは後にラジオでジャーナリストの津田大介氏の話を聞いて、なぜ私が病気せず元気に過ごしていたのか納得したので、ご紹介しましょう。

彼は仕事で独立し、フリーランスになったら全く風邪をひかなくなったというのです。それを最初は、会社に属せずに、自分で仕事を獲得するために気が張っているせいだと思っていたのだけれど、実はまったく違っていたのです。

フリーランスになってからは混んだ通勤電車に乗らなくなり、風邪ウイルスとの接触が減ったから!というのが真相なんです。

それを聞いて、私も妊娠してからはもちろん、出産後の子供が小さい間は行動範囲が家とスーパーを自転車で往復するだけだった事に気がつきました。風邪ウイルスに曝される危険がぐっと減っていたんですね。

そうか~、母になると子供を守ろうとして頑丈になるわけでは無かったのね。ちょっと残念(笑)

私が出産した25年前とは違って、今は女性が社会進出し、妊娠8~9ヶ月までラッシュの電車で通勤する時代。そろそろ車内(社内も)鼻風邪をひいた人が現れれば、電車でウイルスをもらってしまいます。

妊婦さんは免疫が低下していますので、会社についたらうがいをして、涼しいなと思ったら首元にスカーフ、薄手のカーデガンを着て鼻風邪や副鼻腔炎を予防しましょう。

そして産休に入ったら、人ごみや、混んだ電車は避けましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

出産予定日の超過

出産予定日を越えてしまうと帝王切開の日程が決められます。

手術をすれば、術後の管理、痛み、退院してからは傷のひきつれ感に悩まされます。ケロイド体質があれば、傷痕が目立ってしまうことも。
また上のお子さんがいれば、入院が長引くのも避けたいところです。
ということで、帝王切開の手術前に陣痛がくるように鍼灸治療をしてほしいと患者さんがお見えになりました。
陣痛付けの治療は、手術の日程まで治療を続けておこないます。この方は2回治療して手術当日に陣痛が来てくれました。促進剤等の薬をいっさい使用せず出産できたとのご報告を頂きました。良かったですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

副鼻腔炎

妊娠すると免疫がおちるので、いったん症状がでると治りにくい事があります。とくに副鼻腔炎、これは妊婦でない人でも治りにくい事があります。妊婦さんは薬が使えないことがありますし、患者さんご本人も薬を使うことに抵抗があります。

先日、副鼻腔炎がなかなか治らず、仕方ないので、薬を使ってみたものの、少しも改善せずお困りの妊婦さんがメイ治療室にお見えになりました。

彼女は、副鼻腔炎による、頭痛、顔面痛、歯痛があり、治療をしようと、私の指がお顔にわずかに触れただけで、痛みで顔をしかめて、顔を横にそらします。

これは相当痛いのだと察しました。でも治療をしなければ、この辛い痛みも取れませんし、改善もしません。ツボを取るための触診の間、30秒位だけ我慢してもらいました。ツボが決まれば、あとはそれほど痛いこともありません。

治療が進み、10分位たったでしょうか。試しに患者さんが顔をしかめたツボを押して確認してみると、顔をそらしませんでした。痛みはどうですか?と伺うと

「最初より、痛みが減っています」とのこと。

うつ伏せになって頂き、背中のツボを治療して、「鼻水がでるなら、どんどん鼻をかんで出してくださいね」と伝えて終了しました。

2回目にお見えになった時

「治療を受けてから、どんどん鼻がでて、すっきりしました。治療前はなかなか鼻が出なかったのです」とのこと。

もう私がお顔のツボに触れても痛がりませんでした。病院でも医師から「改善しているので、薬はおしまい」と言われて喜ばれていました。

妊娠中は鍼灸でお役に立てることが多いと感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

妊娠するとお尻が悪化する

痔のお話です。

妊娠すると、赤ちゃんを育てるために母体の血液の量は増えます。血液というのは、水分からできているので、妊娠中は血液量を増やすために、母体が水を溜めこみます。妊娠後期は赤ちゃんがグンと育つので、それに合わせて母体もどんどん水を溜めていきます。そのため出産が近くなると身体が、特に足が浮腫んでくるのです。

妊娠が進みお腹がどんどん大きくなると、下肢の水分が戻りにくくなります。妊婦さんの中には下肢の血管が膨れて静脈瘤になる人もいます。

そして痔というものは、肛門の周りの血流が悪くなり、血液が戻りづらくなった状態です。妊娠すると血液量が増え、その上に下肢の血流が戻りにくい、とくれば当然痔は悪化します。

もともと痔を患っている方は、妊娠中は要注意です。

鍼灸治療は、血流を良くするのが得意です。妊娠中も快適に過ごすことがお腹の赤ちゃんにも良いはずですね。

メイ治療室には妊婦さんが多く通われていますが、痔の無い方でも、妊娠が進むとお尻の肛門周りが重苦しいと訴える方がいらっしゃいます。痔の鍼灸治療をすると「すっきりしました~♪」と喜ばれています。

お尻も、赤ちゃんのいる子宮も、同じ骨盤内にあります。鍼灸で血流を良くすのは、赤ちゃんにとっても良いことだと考えています。

| | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧