育児

ぎっくり腰が治ったの巻

前回のブログでぎっくり腰になった顚末を書きました。

これが治らないの何のって。自分で鍼灸しても3週間以上も同じ強さの痛みが続いてました。こうなるとぎっくり腰じゃない、立派な腰痛症。でもそれも昨日まで♥Twitterに上げてます。

 

「痛いところは原因じゃない」が自説です。どんな事をしたかというと、

まず、痛いのは右腰でお尻に近いところ。なので腰ではなく、そこに続くお尻や股関節を治療してました。しかし全く効かないので痛むところも治療しましたよ自説は横において。

しかしそれも効かないので、昨日は更に下の右大腿の後ろ側ハムストリングスに鍼をしました。

そこは痛くもカユクも無いのだけど古典的な鍼灸の考え方に「背中や腰の辛さは膝裏(つまり足の後ろ側)に尋ねてみよ」というのがあるんです。この考え方は理解できるので右ももの後ろにアプローチしたんです。

するとどうでしょう?今朝からスッキリ!

腰痛の辛さ10→1に改善。

おお、鍼灸が効いている~~

 

私の腰痛は右側。私の重心も右側。それは私の体の使い方に癖があり、それが右重心にさせています。

実際、新生児の孫を抱っこして寝かしつける最中に自分の動きを観察しましたら右側がメインでした。

重い赤ちゃんを抱っこして立つ、足で立っている、それも右ばっかり。

この動作が腰痛の原因となる、ハムストリングスの使い過ぎになっているわけでこの運動学が知りたいです。今朝spoonの#おかの日記で鍼灸師は運動学をもっと学ぼうと話してました。

で、Twitterの件、妊婦さんの腰痛ね。

妊婦さんはお腹が大きくなり体重も増える、それを体の重心の場所で支えてます。そこにどんどん負担が掛かるんですね。

ある妊婦の患者さんが仰ってました。

「出産したら腰痛は治るから大丈夫」と整形の医師から言われましたと。

確かに妊婦さんご本人の重さは出産で減りますよね、でも「産後に抱っこする赤ちゃんはドンドン成長して重くなるでしょう?3000gで産まれた赤ちゃんは3ヶ月で2倍の6000gにもになるのよ~。体の癖を今治しておけば生涯の資産ですよ」と伝えてます。

資産、築いてたつもりだったんだけどね~💦

| | コメント (0)

赤ちゃんが顔をゴリゴリ

9/13に行われる「からだの無意識の治癒力」 山口創先生 zoom講演会に参加します。

山口創先生は身体心理学の第一人者で心と体は密接につながっていると仰います。それは東洋医学を基礎とした鍼灸治療の考え方と同じです。

そこで講演会に備えて山口先生の本でただいま勉強中。私が読んでいる本は「手の治癒力」で興味深い事がいっぱい書いてあります。

例えば皮膚にあるC触覚線維。これが働くと人はリラックスするという。でも皮膚をただ触ればいいって訳じゃない。

C触覚線維が働く有効な方法があり、それを実験結果で説明してくれている。

さあ、このC触覚線維は皮膚のどこにあるのか?

それは有毛部だけだという。特にと前腕に多い。

 

さてこの夏休み、私は娘の産後の手伝いをしている。ご飯を作って、泣く赤ちゃんを抱っこして寝かしつけている。

眠たい赤ちゃんを抱っこしてると、ほら、アレです、赤ちゃんが顔をグリグリと、胸元に押し付けてきませんか?

「ああ、眠いんだな」ってことを想像させますよね?

私は山口先生の本を読んでいて、そのグリグリな行為は赤ちゃんが眠るために、リラックスできるようにセルフケアしてるんじゃないの!?

と閃いたんです。それに産まれたての新生児の赤ちゃんは顔に産毛がいっぱいですよね、だから顔にはC触覚線維がいっぱいあるんだなと納得。

このC触覚線維はクリームを塗って皮膚を撫でるとリラックスの効果があるんだとか。

あら、それってエステじゃございませんの。ギャン泣きの赤ちゃんにはお顔エステが効くんじゃないかと妄想してます。

疳の虫、夜泣きで育児疲れに陥っていませんか?そんな赤ちゃんには小児鍼がピッタリ。刺さない鍼なので安心です。小児針は自律神経、特にリラックスする副交感神経に働きかけていきます。

 

抱っこで肩をヤラレルかと心配してたのですが取り越し苦労でした。

ぎっくり腰になりました💥



| | コメント (0)

母乳不足の原因

母乳につて前回(こちら)の続きです。

逆子治療にお見えになり逆子が治った妊婦さんの話です。彼女が鍼灸を受けたところ、体が変わって楽になるので、ぜひ安産鍼灸を受けたいとおっしゃって、鍼灸を続けていたところ気がついた事がありました。

彼女は右肩こりがあるので、そちらも治療する事になりました。

よく伺うと、肩コリのある右肩に続く右腕が夕方にダルクなる日があるとのこと。そうなってしまうと、夜寝る時に、腕をどこに置けば楽になるのか、探しながら床に就くとのことでした。

体の動きをチェックすると右腕が上手く動かせません。右の背中に原因がある様子でした。そこで背中を治療したところ、右の肩コリもすっと取れました。

その後、しばらくは右肩コリも右腕のダルサもおさまって良かったのですが、また再発します。そこで、日常の生活習慣を伺い、原因を探しながら治療をしました。

私にしてみると安産治療をしているのだけど、肩こり治療もしている状態。妊婦さんには、妊娠週数に合わせたアドバイスをしているので、肩こり治療をしならが、同時に母乳の良い点に言及していた時、ふと気づいたのです。

右腕の動きが悪い → 右胸周りの血流が悪い → 母乳が出にくい!!

この妊婦さん今回は2回目の妊娠。じゃあ、最初のお子さんの時、母乳の状態はどうだったのかしら???

私は「右のおっぱいにトラブルがあったのではありませんか?」と思い伺いました。

「う~ん。。。ああ、そうでした!思い出しました。母乳マッサージにも行って頑張ったのですが、右の母乳の出が悪く、赤ちゃんも左ばかり飲むし、途中で粉ミルクに切り替たんです。そうでした、いま思い出しました」とおっしゃるではありませんか。

彼女はもうすく出産します。そこで、右肩の動きを良くして→右胸の血流を改善し→おっぱいの出を良くする、という流れを作る事も、安産治療というものです。

彼女に、母乳は血液を原料にして出来ていること。血流が良ければ、出がよくなる事。なぜ前回の授乳が右にトラブルがあったのかを説明し、納得して頂き、治療を進めていきました。

おっぱいの出や、授乳でお困りの方はぜひおちかくの鍼灸院にご相談くださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母乳のメリット、良い点

赤ちゃんに母乳をあげることには、多くの良い点があります。例えば

赤ちゃんの胃腸はまだ未熟なので、消化酵素がたくさん出せません。胃腸は日々成長てし、6ヶ月かけて消化酵素の分泌を整えていきます。お母さんの体は赤ちゃんの生まれった日を知っているので、母乳は赤ちゃんの消化酵素に合った栄養を、6ヶ月の間、毎日毎日変化していくのです。

大は小を兼ねるといいますが、多過ぎる栄養を与えられたら、赤ちゃんの体には負担がかかりますよね?母乳の含む栄養は日々変化して、赤ちゃんの体に負担を掛けることなく、そして必要な栄養は十分に満たしているのです。

母乳を分泌したことのない体は、最初は上手く行きません。でも、この事を知っておいて欲しいのです。母乳の量は、母体が決めるのではなく、赤ちゃんが母乳を飲む量(赤ちゃんが乳首を刺激する量)で決まるという事を。ですから腰を据えて母乳を与えることが肝心です。

実は最近、妊婦さんで逆子治療にいらして逆子が治った方との会話で興味深いことがありました。母乳不足の話です。次は母乳不足の原因について書きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スキンタッチ教室のお知らせ

3月2日(水)に板橋区の北野保育園で親子スキンタッチ教室が開催されます。

時間   10:00~11:00
参加費 無料
講師   橋野佐代子(鍼灸師、メイ治療室スタッフ)
お申し込み 北野保育園03-3933-1757

場所    分園もございますので北野保育園にお問い合わせください。

ご存知でしょうか?皮膚は脳と発生学的に同じ組織からできています。

皮膚に刺激をすることは、脳を刺激することにつながるんです。

皮膚に触れられると、それを認識するのは皮膚ではなくて脳ですよね?

スキンタッチは赤ちゃんやお子さんの皮膚を優しくなでるだけ!
皮膚への適切な刺激量、また刺激の方法を国家試験を持つ鍼灸師から学んでみませんか?

夜泣き、お友達に噛みつくなどでお困りの方も、ぜひご参加ください。

スキンタッチでお子さんが落ち着きました!というご報告をたくさん頂いてます。

メイ治療室は東京スキンタッチ会の会員です。会の様子はこちらからご覧いただけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2回目のゴールデンエイジ期

前回は赤ちゃんの運動のゴールデンエイジ期を記しました。今回はその次に来る10才前後のゴールデンエイジ期についてです。

小学校の高学年になると、背丈が大人顔負けのお子さんがいたり、初潮を迎えるお嬢さんもいます。このように10才前後は身体が成人の水準に近づきます。

この頃の子供は、見たまま、感じたままを運動で表現できるようになります。頭であれこれ考えずに、新しい動きを何度か見ただけで身体で運動表現できるのです。

これは一生に一度だけ訪れる「即座の習得」が可能な年代で、この時期を過ぎると失ってしまう能力と言われています。

ただし、この「即座の習得」は、それまでの身体や筋肉、運動能力の上に成り立つもので、この時期だけ運動すれは良いという訳ではありません。このゴールデンエイジ期をより豊かにするのは、それ以前に子供が養ってきた身体運動能力に依存するのは言うまでもありません。

前に書いた離乳食を食べることも運動ですし、お乳を飲むのも運動。こういった生活の中での運動の積み重ねの先に「即座の習得」が活きてくるのではないでしょうか。

そして、ゴールデンエイジ期も重要ですが、人は何歳になってもその年代にあった運動能力の開発ができるのではないかと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

離乳食にはゴールデンエイジ期がある

前回は離乳食でアレルギーを起こさない注意点を書きました。その続きで東京スキンタッチ会の勉強会の内容です。

赤ちゃんにアレルギーを起こしたくないからと離乳食の開始を遅くする考えがありますが、離乳食は栄養の摂取だけではない、という話です。

離乳食は運動という側面を持っています。ヒトはおっぱいを卒業し、咀嚼という運動機能を身に着けて生きていきます。東洋医学でヒトの身体をつくるものを後天の精と呼び、食事と呼吸をあげています。

咀嚼とは食感、味、固さを感じ、飲み込むという顎や舌の運動調節です。ごっくんして食物が舌を過ぎると、飲み下しは自分の意思でなく脳の反射で調節されています。

赤ちゃんは5~6カ月までは、舌の動きがごっくんできません。唯一6カ月~1才の間に、固形物を噛み砕いて飲み込むという咀嚼運動の獲得が可能になります。1才を越えると咀嚼運動を身につけるのは困難になってしまうのです。つまり咀嚼という一連の運動を身につける時期は乳児期の一時期(6ヶ月~1才)に限られており、それが離乳食のゴールデンエイジ期なのです。

私は常々、子供の発育は運動能力ではかっていると思っています。離乳食にも運動機能の側面がある事が私の頭から抜けており、昨日はこの話を聞いて意表をつかれました。

そして子供のゴールデンエイジ期と聞いて、実は子供にはもう1回ゴールデンエイジ期が訪れるのを考えると、ヒトの発達はお勉強だけでなく、運動機能を育てる事がいかに大切かと、感慨深い思いで帰路につきました。2回目のゴールデンエイジ期は次回に書きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早すぎる離乳食の開始はアレルギーの引き金になる

昨日、東京スキンタッチ会の勉強会に行ってきました。助産師、保健師として15年のキャリアをお持ちで鍼灸師の卵の田中さんのお話がとても勉強になったので、皆さんへのお知らせ、また私の備忘録として書きます。

産まれてくる赤ちゃんがアレルギーにならないよう、心配される方がいらっしゃると思います。ぜひ参考にしてくださいね。

メイ治療室に安産灸でいらしてる方々にお伝えしている事ですが、赤ちゃんの胃腸は消化酵素が未熟で、蛋白質の分解が十分にできません。蛋白質はアミノ酸のつながった物です。大人の消化酵素は蛋白質を小さなアミノ酸に分解できるのですが、赤ちゃんはアミノ酸より大きいペプチドまでしか分解できず、これが吸収されてアレルギーを起こします。

そこで対策は「赤ちゃんの消化酵素が育つ6カ月から離乳食開始」です。

ここまでは知っていたのですが、田中さん次のお話が感慨深い内容でした。そのゴールデンエイジの話は次回に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スキンタッチ教室のお知らせ

お子さんの健康法として、ご自宅で簡単にできる親子スキンタッチ教室のお知らせです。

スキンタッチ健康法は小児鍼を元にして、親御さんがご家庭でお子さまに行えるようにアレンジした健康法です。鍼灸師がお伝えしています。

夜泣き、寝ぐずり、便秘、不機嫌、皮膚炎、喘息、中耳炎など小児の慢性疾患でお困りの方はどうぞご参加ください。

日時:10月22日(土)10~11時

場所:ひまわりキッズガーデン志村

講師:メイ治療室 吉田明代

参加費:無料

お問合せ:TEL.03-5392-3856 ひまわりキッズガーデン志村

金属製のティースプーンと歯ブラシをご用意ください。

ご参加をお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親子スキンタッチ指導者講習会・12回目

6月12日(日)に東京スキンタッチ会の指導者講習会で小児鍼についての理論をお話してきました。写真ができて来たのでアップします。

写真を見ると、もう12回目になるのですね、驚きました。

110612b

初めは年1回の開催でしたが、参加希望の問い合わせが多かったので、途中から年2回の開催になった経緯があります。

小児鍼をしたお子さんはおだやかになり、ママをはじめ周りの方との関係が良好になります。そんな小児鍼から生まれたスキンタッチをママがご自宅でお子さんに出来るよう、私たち鍼灸師が年に2回集って勉強しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)