旅行・地域

韓国旅行、よもぎ蒸し

Selshl_rm02_bスタッフと3人でウォン安の韓国へ3泊4日(2/8~11日)で行ってきました。
ステイは大好きなシーラ(新羅)ホテル

アメニテイは今回もロクシタンでした。
私は昔のAVEDAが香りが自然で良かったなあ~~、とちょっと残念。

このホテルは繁華街の明洞から少し離れていますが静かですし、大浴場にはサウナが3種類もあり、朝6:30から入れるので朝食前にサウナに入ったりして、温泉宿のようにのんびりできました。ホテルの無料バスがCITYまで循環しているので、以外と便利です。

食事は明洞で食べた生きたタコがめずらしかったですが、なんと言ってもシーラの夜のビュッフェは最高でした。中華、点心、インド、イタリアン、タイ、和食、韓国と勢揃い!私は北京ダック、中華の紅い焼き豚、酢豚など中華を堪能しました。3人共に「美味し~、これで5千円は安い!」とウォン安ならではの贅沢ができました。

ところで今回は「よもぎ蒸し」の体験が目玉でした。それは婦人科に効くという「よもぎ」はお灸の材料だからです!!

さてそのよもぎ蒸しとは、、、
よもぎ(蓬)をぐつぐつ煮ている鍋?洗面器?が椅子の下に置いてありました。
椅子の坐面には中央に丸く穴があいており、トイレの便座のようです。
よもぎ蒸しは、たいていはサウナに併設されているので、サウナや湯の入った浴槽につかったりアカスリをしてから、素っ裸で大きなマント状の布をかぶり顔だけ出して
パンツ無しで穴空き椅子に座ります。
そうするとお股によもぎの湯気がフワフワとあたり、暖かくなってきます。

すでにサウナや湯船でからだが暖まっているので、すぐに汗が出てきました。
担当のおばさんがタイマーを見ながら「まだまだ座ってて」と上手な日本語で言っていましたが私は時間になる前にギブアップしてしまいました。
よもぎ以外に10種類位の漢方材料を入れており、かなり良い香りです。
よもぎは草もちに入っているので日本人には馴染みのある香りです。

このよもぎ蒸しを体験して、シーラホテルのミストサウナにも
よもぎが置いてあることに気付きました。
韓国ではよもぎサウナがかなり一般的とみました。
よもぎを袋に入れて自宅のお風呂に入れてもいいんじゃないかと思いました。

そしてホテルのミストサウナの奥にアカスリ用ベッドがある事にも気付きました。
聞くとアカスリは30分4万ウォンとのことで
町の観光用アカスリより時間も値段もお得なことが分かりました。
さっそくアカスリをお願いし、みっちり30分こすってもらったら。。。

2日続けてアカスリしたせいで、首が腫れあがってしまいました。
あ~~あ、なんのためのアカスリかだったのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|