« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

ユマニチュード

認知症の施設でお仕事をされている患者さんが、研修を受けてレポート課題が大変だったと話されました。

大変だった半面、様々な気づきがあり勉強になったと仰っていました。そんな話から私が思い出したのは

 

認知症の専門家のフランス人男性(調べたらイブ・ジネスト氏)が認知症の方にアプローチする動画です。施設の担当者をてこずらせていたはずの人(認知症の人)が彼には応答したり、車椅子から立ち上がったり、微笑んだり。わずかな時間で変貌するのです!

私が印象に残っていたのは以下の内容

・認知症の方の正面で

・認知症の方の視界に入って話す

認知症の方は視界が狭いから、というような説明でした。

患者さんに「確かユマニチュードとか言ったような、、、」とをうろ覚えながら伝えますと、リポートを書く前に知りたかったわあ~とのこと。そうですよね~~

帰宅してしらべるとイブ・ジネスト氏で本当にユマニチュードでした。人の記憶ってすごいわ!でいい動画がありました。でも動画をこのブログに貼れないからリンクを貼りますね。

ユマニチュード

すばらしい内容だから多くの方に見てほしいです!

 

| | コメント (0)

電気は自然エネルギーです

女性のための鍼灸 メイ治療室の電気はエコ・エネルギーを使っています。

風力発電、太陽光発電、バイオマス発電などから電気を作っている(株)生活クラブ エナジーの電気です。

アウトドアブラントのパタゴニアもここの電気を選んでいます。彼らの理念である、顧客、従業員、地域社会に与える影響に対して責任をもつ、に沿うからだそうです。パタゴニア大好きだから、なんか嬉しいです😃

ところでパタゴニアの薄手のダウンコートは肩回りが広く作ってあり、腕をグルグル回せて着やすいです。試着したところあまりの着心地の良さに脱ぐことができなくて、着たままお買い上げ~の思い出が。。。 試着って危ない危ない(笑)

買った後でホームページで見たら、これコートじゃないんですよね、セーターって書いてある、ダウンでできたセーター。どういう事かと色々とサイトを見ているうちに解ってきたのは、登山は命がけの側面があり身体を寒さから守るため重ね着をします。山ではこの薄手のダウンはセーターの役目で、さらに上に重ね着をするようです。

チャックを閉めると首回りにダウンが沿って暖かです。立体裁断の型紙ってこういう事なのかな~。

写真はパタゴニアのホームページからは拝借しました。ダウンじゃなくてエコ・エネルギーの電気のお薦めでした。

Photo_20200224163301

| | コメント (0)

左腰が痛いんです、歯科衛生士の巻

痛みの原因は、別の場所にあるシリーズ。

今回は歯科衛生士のAさんです。左腰が痛いとのこと。

いつ痛いのか?

常に痛いのか?

 

Aさん:いいえ、仕事の後でウチに帰ってから気になるんです。

 

私:ふう~ん(仕事の姿勢が原因かな。。。)じゃあ仕事の姿勢はどうなっているのか、ちょっとココでやって見せてもらえる?

まず、患者さんの椅子のどこに立つんですか?

 

Aさん:うーん、右にも立つし、左にも立つし。左に立つ時はバキューム(唾液吸い取り機)を持って左手で引いてます。

と言ってAさん、グイッと左手を後ろへ引く動作をする

ピンポーン、ピンポーン♬

左腕を後ろに引いたよね? 引いたね!

その腕を後ろに引く筋肉こそ、腰から来てるのよ。

Photo_20200215231201

で左肩(青の矢印)に鍼灸して、左の腰痛(赤の丸)が解決しました~~

原因は痛いところ、辛いところには無いことが多いです。これが閃くときが嬉しい瞬間です。

| | コメント (0)

新型肺炎コロナウイルスの影響

本日、家族の見送り&荷物持ちで羽田空港国際線ターミナルに行ってきました。

現在、国交省が国際線の増便を決め、その新たな飛行ルートで実機飛行確認・南風ルートが始まったので南風ルートの下にあるウチは飛行機の音で賑やかです。国交省の解説はこちらです。さぞ羽田空港は混んでいると思いきや、ガラガラでした~。

チェックインカウンターに人が並んでないー!

200212_142308

 

Img_0910

人がいないからチェックインの機械も、荷物預けカウンターも並ぶ必要がないー!実に楽ちん。

アーケードも人が歩いてないー! ガラガラ~

200212_141937

つい空港の方に、いつもこんなに空いているのか聞いてみました

 

 

「いやあ、羽田空港にこんなに人がいないのは珍しいです。いつも混んでます。(コロナウイルスの)ニュースが出てから(空いてるん)ですよ」とおしゃってました。

 

チェックインしてから茶寮・伊藤園で休憩。

Img_0907

左、ほうじ茶アイス白玉あんみつ
右、ほうじ茶抹茶ミックス白玉パフェ
ほうじ茶アイスが流行ってますよね
美味しかったです。
Img_0906
羽田からの帰りの電車に、海外から渡日した人なんでしょう
N95マスクをした人が一人いました。
こんなマスク↓で~す。

N95
驚きの一日でした。

 

| | コメント (0)

腰痛、なんとなく気になる

10年ぶりにお越し下さった女性の患者さま。

腰痛がずーーっと良かったそうです。がここのところ、なんとなく痛い。激痛ではないので病院に行くほどではないし、薬も必要ない。

でもふっと夕方だったり、多く歩いた日は痛むのだそうです。そんな時は湿布を貼って様子を見ていらっしゃるそうです。

痛む場所を手で教えていただくと赤い丸の部分でした。じつはココは、、、

 


Photo_20200212000001

 

お尻なんです。

でも多くの人が腰と勘違いするところ。

 

青い線より上が腰で下がお尻です。

腰痛と言われて、ハイハイと治療に入ってしまうと治療方針を誤りかねません。

 

きちんと辛い場所、痛む箇所を手で教えて頂くことが大切です。そして痛むのはどういう時なのか、例えば動いた時に痛むのか?それともじっとしていても痛むのか?

 

丁寧に問診を行うと患者さんのつらさの実態が見えてきます。

 

この方は立位で前屈した時にお尻(赤いところ)が痛むという事が分かりました。

鍼とお灸で太ももの横を治療しましたら、同じ動作(立位で前屈)で痛みは消えていました。

痛む場所と原因は別のところにあることが多いものです。それを導き出すには丁寧な問診が大切です。

治って良かった良かった~

次のご予約の時までに同じところに痛みが出れば生活習慣が原因と思われますので、患者さんには「痛みが出るようになったら、どういう時に、どこが痛むのか観察して教えてください」とお願いしました。

 

 

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »