« 潰瘍性大腸炎 | トップページ | 謹賀新年 »

妊娠中お腹がはる、息苦しい

今年は暖冬と言われていますが、12月に入ればそれなりに寒くなってきました。特に妊婦さんは冷やさないよう気をつけましょう。

さて、寒いと妊婦さんはお腹が張り易くなります。お腹がしょっちゅう張りますと、お腹から続いている太ももの皮膚も引っ張られて、歩きにくくなります。また、胸周りの皮膚や背中の皮膚も引っ張られて、胸郭が広がらないとでも言いましょうか、呼吸が苦しくなります。私自身もそうでしたので、よ~く分かります。

さて、そのような場合、鍼灸でお腹をゆるめてあげますと、まず呼吸が楽になります。そして足の運びも楽になります。

先月お見えになった妊婦さんに、この治療をしましたら、治療の後に受付で座っていらっしゃる時に

「動かなくても、ただ座っているだけで楽になったのが分かります、はあ~♪」

とお顔も緩んでいらしゃっていました。

妊婦さんは、今までにない負荷が体にかかっています。身体が新しい経験をしるのです。それは、身体を開発していることに他ならないと私は考えていますが、なにしろ苦しいのは本当の事実。

妊娠中に歩きにくい、息苦しい、お腹だけでなく背中の皮膚が突っ張る、という症状は鍼灸で対応できます。どうぞ、ご相談ください。

|
|

« 潰瘍性大腸炎 | トップページ | 謹賀新年 »

妊娠」カテゴリの記事

鍼灸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528505/62829483

この記事へのトラックバック一覧です: 妊娠中お腹がはる、息苦しい:

« 潰瘍性大腸炎 | トップページ | 謹賀新年 »