« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

はりとお灸の講座が終わりました

本日、板橋区保健所にございます板橋区女性健康支援センターで「お灸とはり」の講座を担当させて頂きました。

今まで同じ内容で、4~5回ほど開催されているのですが、今回は「はり」がプラスされ、ちょっぴり新しい内容でした。35名の定員に対して100名以上の応募があったそうで、はり、に興味を持ってくださっている方が増えているんだなと思いました。

はり、と聞くと、痛いのでは? と思われる方が多いでしょうが、ご心配なく!全然痛くなく、ご自分で簡単に使える、シール状の鍼「パッチ鍼(しん)」が市販されているんです。
MKC パッチ鍼(しん) 0.6mm 20本入

さて、今日の参加者の方に実際に貼って頂きましたら

「全然、痛くないですねheart」というお声が聞こえてきましたear

そうなんです、全然痛くないんですscissors スケートの羽生選手も使ってるようです。

どなたもドラッグストアで購入できますので、使ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

体がかたい(原因は遠くにある4)

ある患者さんが、「運動をすると、体が右に倒れにくいんです。からだがゆがんでいるみたいで、、、」とおっしゃられました。

右手の指を、太ももの外のラインを降りるように、体を倒していただくと、確かに左わき腹がつっぱっています。

そこで、左のわき腹とお腹周りを鍼灸でゆるめて、もう一度、彼女に同じ動作をして確認してもらいました。

「だいぶ、右に倒れるようになりました。う~ん・・・、でも左わき腹の奥の方が、やっぱりつっぱるんですよね」 とのこと

「どれどれ? もう一度、体を右に倒していただけますか?」

と、体をたおす運動をしてもらいながら、左わき腹をチェックすると、まだ固い筋肉がありました。そこで、そこに鍼灸をしてから、再度、運動をしてもらってチェック。ところが、

「う~ん、あまり変わりません・・・」

「そうですか、ダメでしたか」

(よ~し、原因は他にあるはず!あきらめないぞ!)

と探すと、どうも太ももが怪しいのです。そこに鍼灸をして、もう一度運動で確認してもらいましたら

「おお~~、軽いです、軽いです!左わき腹が伸びて、体が右にすう~っと倒れました!」happy01

とのこと。股関節のまわりが固くなり、それが原因となって、左のわき腹一帯の動きが悪くなっていたんですね。そのことを説明し、自宅でのセルフ・ケアの方法もお伝えしました。

つらさの原因は、つらい部分には無いことが結構あるのです。今回のケースも私が勉強させて頂きましたので、ブログにメモメモ(笑)

この患者さん、笑顔でお帰りになられました。私も嬉しかったですwink これからも皆さんのお役に立てるよう頑張ります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »