« 夏休みのお知らせ | トップページ | 映画「もったいない」 »

安産

つわりが終わる時期をとうに過ぎているにもかかわらず、ムカムカするのです、と妊娠7ヶ月の妊婦さんがいらして、鍼灸で体調を整えました。1回目の治療が終わった後

「まったくムカムカしません、ええ~、鍼灸ってすごい!」

とおっしゃってました。それから、安産鍼灸の治療を継続してくださりました。

「もうお腹が大きくてシンドイから、予定日より早く産みたい~~!」

と弱音を吐くも、ほぼ予定日の出産となりました。今日では体重が多い赤ちゃんが、成人病リスクが少ないと言われています。彼女の赤ちゃんも3200グラムと立派でした。

メイ治療室では、子宮の動脈(胎盤に栄養を届ける血管)が広がるツボを使っているので、どの赤ちゃんも3200グラム以上で産まれています。しかも安産!

この方も初産にもかかわらず、陣痛がついて6時間のスピード出産!でした。

長引く陣痛は母体を消耗させます。そして母体が疲労すると陣痛は遠のき易くなる、の悪循環に陥ります。

私の考える安産とは、陣痛が始まったら、一歩も引くことなく、着実にゴールを目指して歩を進め、最短の時間で出産するものです。これが母体の疲労が少なく、産後の育児のための体力が温存できる形だと考えています。

妊婦さんには安産を迎えていただけますよう、その方に合わせたツボを使って安産灸や安産鍼灸をしています。

|
|

« 夏休みのお知らせ | トップページ | 映画「もったいない」 »

妊娠」カテゴリの記事

婦人科」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鍼灸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528505/58251780

この記事へのトラックバック一覧です: 安産:

« 夏休みのお知らせ | トップページ | 映画「もったいない」 »