« 休診日のお知らせ | トップページ | 眼精疲労を改善する簡単な方法 »

口内炎をお灸で治す

口内炎が出来て、食事のたびに、歯が触れて痛かったのです。そこでお灸をしてみました。

口内炎ができた口内の粘膜にお灸をする訳にはいかないので、顔からお灸をします。

まず、シールのお灸(例えば、せんねん灸)に火をつけます。最初は煙が出るので、いきなり顔面に置くと、目や鼻がつらくなりますから、煙が少なくなるまで待ちます。

煙がほとんど出なくなったら、口内炎が出来ている所の顔側にお灸を置きます。温かさを皮膚に感じればOKです。お灸が冷めたら、顔から外します。

口を動かしてチェックしてみると、歯が口内炎に触れても、痛みが少なくなっていました。翌日、鏡でチェックすると口内炎が小さくなっていました。大成功!ぜひお試しください。

|
|

« 休診日のお知らせ | トップページ | 眼精疲労を改善する簡単な方法 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528505/57084849

この記事へのトラックバック一覧です: 口内炎をお灸で治す:

« 休診日のお知らせ | トップページ | 眼精疲労を改善する簡単な方法 »