« 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | 東北地方太平洋沖地震における節電対策など »

被爆対策、ヨウ素

昨日の大地震で福島の原発に事故が起きています、心配です。

特に放射性ヨウ素が大気中に放出され、それが喉の甲状腺に吸収されて貯まり、体内で被爆することが心配です。

チェルノブイリ原発事故の直後に、放射性でないヨウ素を投与された子供には、甲状腺癌の発生が、事故前と事故後でほぼ同じでした。しかし、投与されなかった地域の子供には増えました。

体内被爆を防ぐには、汚染されていないヨウ素を摂取し、甲状腺をお腹いっぱいにして、放射性ヨウ素が体内に入っても、貯まる隙間をなくしておく必要があります。

子供の成長に欠かせない成長ホルモンは、甲状腺ホルモンの助けがなければ働けません。そのため原発事故の際には、妊婦(胎児に対して)、成長期の子供こそ汚染されていないヨウ素の摂取が大切です。

ヨウ素は海藻に多く含まれています。我が家ではヨウ素が手に入らないので (海に囲まれた日本はヨウ素天国と言われていますが) 昆布を煮てますナウ。
昆布でどの位、効果があるかわかりませんが。。。

被害が広がらないことを願っています。

|
|

« 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | 東北地方太平洋沖地震における節電対策など »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528505/51102944

この記事へのトラックバック一覧です: 被爆対策、ヨウ素:

« 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | 東北地方太平洋沖地震における節電対策など »