« 膝の痛み、2 | トップページ | PMS(月経前緊張症または月経前症候群)1 »

膝の痛み、3

膝の痛み2のつづきです。

簡単な運動をしたら、病院で骨変形だから治らない、と言われた膝の痛みが軽減しました。いったい何が起こっていたのでしょうか?

この方は歩行では痛みや不便はありません。歩き始めと階段の上り下りで痛みがありました。そして検査をすると、片足で立つのが苦しいです。特に膝痛の強い右足で立つのは大変です。

歩行とは、交互に片足で立つことの連続です。しかし歩行中に片足で立っているのは1秒もかからないため、彼女は片足立ちができない、と感じることはありません。それが証拠に初診の時にこうおっしゃっていました。「膝痛はあるけれど、いくらでも歩けるんです。不思議。」と。

しかし、実際には右足は踏ん張れないため、歩行中は右足で立つ度に右足が不安定に揺れています。その揺れを右膝が引き受けていたのです。

私が彼女に処方した簡単な運動とは、右足が踏ん張れるようになる運動でした。これを10回行った後に、段差を上っていただくと、運動前の痛みを10として、運動後は5以下に改善し、半減しました。

膝の痛みは、加齢による骨変形もありますが、この方のように筋肉の弱化が原因になっていることもあります。筋力は1年に1%減っていきます。健康を保つには栄養だけでなく、運動、休息というのも深くうなづけます。

|
|

« 膝の痛み、2 | トップページ | PMS(月経前緊張症または月経前症候群)1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528505/50922733

この記事へのトラックバック一覧です: 膝の痛み、3:

« 膝の痛み、2 | トップページ | PMS(月経前緊張症または月経前症候群)1 »