« しもやけ治療に灸(きゅう) | トップページ | 免疫を高める食事 »

膝の痛み、1

病院から膝の痛みの原因は、加齢による膝の変形のため「病院では、これ以上の治療は何もできません」と言われた症例です。

痛むのは両膝で、動き始めと、階段の上り下りの時です。階段は1段ずつ両足を揃えて上がり、手すりの助けが必要でした。歩き始めてしまえば痛みはなく、どこまででも歩けるとのこと。

視診では足の変形、いわゆるO脚変形はありません。とても綺麗な足でいらっしゃいます。屈曲変形(上向けで寝て、膝裏が浮く)が少々ありましたが、この程度で痛みが出るかしら???という程度でした。

足の触診をすると筋肉が固くなっています。人は痛みがあるとリラックスできず身体に力が入ってしまうものです。長年の痛みにより膝周りの筋肉がこわばり固くなったと考えられました。

実際に玄関の段差を利用して、どの動作で膝のどこに痛みが出るかを丁寧に調べていきました。上りも下りも両膝で痛みが出ましたが、鍼で左膝の痛みはすぐに消失しました。

この段階で彼女は「鍼灸でこんなにすぐに痛みが取れるのですか!もっと早く鍼灸をするべきでした」とおっしゃり、これがモチベーションとなり、治療に前向きに取り組んでくださいました。

このように、痛みで凝り固まった筋肉をほぐすと、筋肉が本来の働きを発揮して動きやすくなり、その結果痛みが減ったり消失します。

さて、治療は残る右膝の痛みをメインとして取り組んで行く事になります。

つづく → 膝の痛み、2

|
|

« しもやけ治療に灸(きゅう) | トップページ | 免疫を高める食事 »

運動」カテゴリの記事

鍼灸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528505/50827748

この記事へのトラックバック一覧です: 膝の痛み、1:

« しもやけ治療に灸(きゅう) | トップページ | 免疫を高める食事 »