« 肩こり | トップページ | 逆子治る・張り止め薬使用、2 »

PMS(月経前緊張症または月経前症候群)2

PMS(月経前緊張症または月経前症候群)1の続きです。

女子高校生の生理前のイライラ(PMS)が、鍼灸と自宅の灸で改善しました。しかし、年が明けると、彼女は他のPMS症状を訴え出しました。

便秘です。そして生理初日になると、お通じが何度もあるというのです。1月のセンター試験の日が、生理初日とまさに重なるので「試験の最中に何度もトイレに行くのは困るんですcrying」と顔面蒼白。。。

そこで、1月に入り排卵した頃(センター試験の2週前)から自宅のお灸を毎日行い、鍼灸治療も全身調整を週1回としました。するとセンター試験の3~4日前からお通じが毎朝でるようになり、センター試験の前日は2度もお通じがあったとのこと。

その日、彼女は「ああ、これで明日は大丈夫confident」とつぶやいたそうです。

センター試験の前日こそ、PMSで便秘絶頂のはずなのに、2度の排便があったのは治療と自宅の灸が効いてる証拠です。

便秘とは、人が緊張していることをあらわしています。反対に排便は、人がリラックスしていることをあらわしています。彼女のセンター試験は、模試以上の出来栄えだったそうです。落ち着いて、取り組めたのでしょう。

その後も2月の入試が終わるまで、この調子で治療をつづけて行きました。そして見事に第1希望に合格されました。おめでとうございます。

|
|

« 肩こり | トップページ | 逆子治る・張り止め薬使用、2 »

婦人科」カテゴリの記事

鍼灸」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!^^

「PMS 症状」のキーワードで検索してたどり着きました!
とってもためになるブログですね!
早速ブックマーク登録をさせて頂きました!
これからもちょくちょく寄らせて頂きますので
何卒宜しくお願い致します。
大変失礼いたしました。

投稿: | 2011/03/10 21:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528505/50999104

この記事へのトラックバック一覧です: PMS(月経前緊張症または月経前症候群)2:

« 肩こり | トップページ | 逆子治る・張り止め薬使用、2 »