« 肩甲骨の内側がつらい(原因は遠くにある1) | トップページ | 膝の内側が痛い(原因は遠くにある2) »

逆子が治りました

第二子の妊娠で逆子になってしまった方です、逆子が鍼灸治療で治りました。病院で逆子と言われて、すぐ鍼灸治療に来ていただくと、治るのがとても早いです。

鍼灸の効果を実感していただいたせいか、逆子が治った後も安産灸(というより安産鍼灸)に続けて通ってくださっています。現在は運動療法も交えて、お産に向けて身体を調整しています。

この方はヨガを習っていらっしゃいます。鍼灸で身体にアプローチすると身体がどんどん変わってきました、そして以前はできなかったヨガのポーズが楽にできるようになったので、驚かれていました。

反対に逆子が治らないケースもございます。しかし、逆子が治らなくても鍼灸を続けて下さった方々から、帝王切開での出血量の少なさ、傷の回復の速さ、子宮が妊娠前までに収縮する時間の速さ、といった産後の肥立ちの良い事を多数報告をいただいています。そしてその事実に医師達、助産師達が「あなたは、何か特別なことをしていましたか?」と驚かれた、ということも伺いました。

鍼灸は、女性の身体に変化を与えることができる治療方法の1つとして有効だと感じています。

|
|

« 肩甲骨の内側がつらい(原因は遠くにある1) | トップページ | 膝の内側が痛い(原因は遠くにある2) »

妊娠」カテゴリの記事

婦人科」カテゴリの記事

鍼灸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 肩甲骨の内側がつらい(原因は遠くにある1) | トップページ | 膝の内側が痛い(原因は遠くにある2) »