« 赤ちゃんのアトピー | トップページ | つわりも色々 »

虫刺されの痒みにティートゥリー

夏のなると蚊に刺されて痒くなります。それを掻き壊すと、シミになってしまいます。
なぜシミになるのでしょうか?それは、、、

掻き壊すと、皮膚が壊れます。壊れた皮膚を治そうと血液が集まってきます。これを炎症反応といい、炎症反応が長くなる程、色素沈着しやすくなるのです。

シミを作りたくなければ→炎症を起こさない→掻き壊さない→カユミを早めに治めるのが肝心です。

そこで、私はシミを作らないために虫刺されのカユミを抑える物をあれこれと試してきました。

お灸:市販のシールで張るお灸も効くとのこと。
朝顔の葉:葉を揉んで汁をつける。
漢方の血流アップクリーム:テレビ「魔女の22時」でシミに効くというクリーム。メイ治療室では血流アップの漢方が市販品の2倍入ったクリームを使っています。

これらを患者さんに紹介し、皆さんの話しでは効果がでているのですが、私には効き目が今ひとつで、多少は痒みが引くのですが、やはり掻き壊してシミになっていました。

ここで、私が患者さんにお薦めしていたティートゥリーのアロマオイルの登場です。

私にはコレもいまひとつだったのです。ところが、ある患者さん(外回りが仕事)が毎週2個もティートゥリーをお買いになるので、伺うと「これは、ほんと~~に、よく効くので職場で外回りをしている同僚の虫刺されにつけてあげたら、その効き目を体験して、買ってきて欲しいと頼まれまれるのです」とのこと。

じつは、同僚のお一人が600円のティートゥリーを買ってみたけれどカユミに全く効かなかったのだそうです。

それもそのはず。私がお薦めしているのは医療用なので、納得できました。そこで私もティートゥリーに再挑戦しました。

1度塗っただけでは、少し気になるので、もう1回塗りますと、確かにカユミが気にならなく、引っかくことはありませんでしが。これからはティートゥリーでシミのない腕を作っていこうと思います。私にも効く医療用のティートゥリーはお薦めです。

|
|

« 赤ちゃんのアトピー | トップページ | つわりも色々 »

健康」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤ちゃんのアトピー | トップページ | つわりも色々 »