« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

5/30(日)「女性ホルモンのバランスを整える・妊娠にむけた体創り」の薬膳&ツボ、の講座を開催します。

妊娠を考えている方はもちろん、・月経不順が気になる ・PMS(月経前緊張症)でつらい ・そろそろ更年期かしら という方にも最適な内容の講座です。

女性ホルモンは女性の体をさまざまな面から守っています。

  ・細胞をみずみずしく保つ (美肌)
 ・骨粗しょう症の予防
 ・脳を守りボケの予防

女性ホルモンのバランスを整え、健やかに元気に輝きましょう! 

one 中医学の考えに基づいた薬膳(食事)による基礎体温の低温期、高温期に合わせた食材、食事で体の内側から体を整える。

two 鍼灸で使われるツボに心地よい温かさのお灸(きゅう)をすることで体の外側から体を整える。

上記の方法で体の内側からと外側からの2つのアプローチで、妊娠に向けた体を創っていくお手伝いをします。

clip足の膝上まで出る服装でご参加ください。会場で服を着替えることもできます。

clip病院で不妊治療を受けていらっしゃる方へ
 当セミナーの内容が病院での治療をさまたげることはございません。どうぞご安心してご参加ください。

                 記

日 時  :  5月30日(日)10~12時
場 所  : 女性のための鍼灸 メイ治療室
講 師 : 石塚ひろの (国際薬膳師、漢方アドバイザー)
       吉田 明代 (鍼灸師)

参加費 : 2000円(当日お支払いください)
申し込み方法 : メールで ①お名前、②住所、③電話番号を書いてお申込みください。
maytiryou*yahoo.co.jp(*を@に変えてお使いください。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

産後の子宮収縮

以前、逆子のお灸で見えた方が4年ぶりにお見えになりました。ご出産はいかがでしたか?と伺うと、

彼女は逆子がお灸で治ったあと、ご自宅で毎日毎日、お灸を続けてくださったそうです。

そして出産後、ご家族の都合により早く退院したい旨を病院に相談する事態になりました。すると出産3日後の子宮の状態(つまり子宮の回復)が、なんと産後1ヶ月と同じ大きさまで回復していたので、特別に退院の許可がでたのです、とおっしゃるのです。

医師から「すごい!何か特別なことをなさっているのですか???」
と聞かれたんですよ。とのこと。

彼女は「お灸を続けていた事が良かったと思うのです」とおっしゃって下さいました。

産後の子宮回復が早いと悪露(出血)が少なくて済むので、その分母体の体力が保てます。

帝王切開の手術が決まっている方が安産灸に通って下さると、医師から「手術後の状態が良いから」と言われ、手術をしているにもかかわらず退院が早いのはお灸の効果かも、という思いを強くしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »