« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

逆子をあきらめない

逆子の治療は5回の短期決戦、だと思っていました。
ところが。。。

逆子が治らなくて(すみません。。。)帝王切開での出産が決まった方の中には、体調を整えるために鍼灸を続けてくださる方が以外と多くいらっしゃいます。
というのは、逆子治療を始めてから「体の調子が良くなっている」と実感されるようで、「これは母体にも胎児にも良いだろうから、鍼灸を続けてみたい」と通ってくださるのです。

すると帝王切開した病院で驚かれることが少なくないのです。

例えば、出血が少ない。産まれた赤ちゃんの意識がはっきりしている。手術の予後が良い。などなど。

そこで最近は逆子が治らなくても、鍼灸が帝王切開に向けての体調管理にお役に立てる事を伝えていますので、続けて鍼灸を受けて下さる逆子の妊婦さんがいらっしゃるのです。

そんな中、ず~~っと逆子で、5回の逆子治療を加えても治らなかった妊婦さんが帝王切開の手術に向けて体調を整えていたところ、35週になって突然に逆子が治ったのです!この大逆転劇に私もびっくり。

あきらめないって大切なんですね。よかった、よかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »