« 子宮頸がん・ワクチン | トップページ | 重症の肋間神経痛 »

逆子でも経膣分娩

逆子治療にいらしてたのですが、逆子が治らなかった症例です。

逆子の分娩は帝王切開で行うのが一般的ですが、この方の通っていた病院は「経膣分娩で行きましょう」とおっしゃって下さったのです。そこで急遽、安産灸(というか安産鍼灸)に方向転換しました。

初産なので狭い産道で難産にならないよう、組織が柔らかくなるように体を調整していきました。

陣痛が微弱になると、母体は痛みで体力を無駄に消耗し、益々陣痛が弱くなります。そこで陣痛が始まったら、しっかりした陣痛が起きて、その波に乗っていっきに分娩、娩出まで運べるツボを選びました。

彼女は毎週せっせと治療室に通って下さり、そして毎日ご自宅でお灸をしてくださいました。体の調子が整ったので後は陣痛が来るのを待つだけとなり、ついに満月の翌日に陣痛がきました。

お医者さんもビックリするほどのスピード出産で
「初産&逆子で、どうしてこんなに出産が早く進んだのだろうか!」と驚かれたそうです。
お役に立てたようで、ホッとしました。

ご出産おめでとうございました。

|
|

« 子宮頸がん・ワクチン | トップページ | 重症の肋間神経痛 »

妊娠」カテゴリの記事

婦人科」カテゴリの記事

鍼灸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528505/46417070

この記事へのトラックバック一覧です: 逆子でも経膣分娩:

« 子宮頸がん・ワクチン | トップページ | 重症の肋間神経痛 »