« 9/27(日)「秋の薬膳・お茶会」を開催します | トップページ | 巻爪が鍼灸で治るの? »

股関節が痛い

「最近、股関節が痛いんです」とおっしゃるので指で痛いところを指してもらうと、足の付け根・前側のパンツの線より少し上に入った所が痛いとのこと。

股関節が痛い方の足を前に上げたり、後ろに上げたり、横に上げたり、外向き(外旋)に上げてもらいましたが痛みは出ません。どういう時に股関節が痛いのですか?と質問すると普段の生活では痛みはなくて「バレエのパッセをすると痛いんです」とのこと。

パッセの動作は足のつま先を軸足の膝まで高く上げる動作で、その時に股関節がぐっと縮まります。足を横に上げても痛くないけれど、足を横に上げて更に膝を曲げる動作が加わると股関節が痛くなることが分かりました。

静止している時は痛まず、動くと痛いのは筋肉に問題があることを意味しています。では股関節と膝関節の両方に関係している筋肉は何か?それは縫工筋です。この縫工筋は彼女が痛いと指で示したパンツの線より少し上に入った所から始まり、膝の下まで来て終わります。

痛みの原因は縫工筋と仮説を立て丁寧に触診し、治療ポイントを探し、鍼を3箇所に刺して「はい、パッセの動作をしてみてくれる?」とお願いすると

「あれ~~、全然痛くない! 鍼ってすごいですねえ」と驚いてくださいました。

原因の状態がこじれていない場合は、痛む筋肉が特定できれば、鍼をパパッと刺して症状がすぐに取れることがあります。

股関節のトラブルはお尻の筋肉が原因のことが多いので、縫工筋とは珍しいです。運動という特殊な状況の下で痛めたのでしょう。今までに無い症例で大変に勉強になりました。

|
|

« 9/27(日)「秋の薬膳・お茶会」を開催します | トップページ | 巻爪が鍼灸で治るの? »

鍼灸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528505/46084435

この記事へのトラックバック一覧です: 股関節が痛い:

« 9/27(日)「秋の薬膳・お茶会」を開催します | トップページ | 巻爪が鍼灸で治るの? »