« 東京スキンタッチ会、指導者講習会を開催しました。 | トップページ | 赤ちゃんのアトピー肌を診て気が付いた »

6月に多い症状

明日から7月、今年も半分を過ぎました。
この6月を振りかえってみると、こんな新患の方が多かったです。

微熱、眠れない、夜中に目が覚める、早朝覚醒、心臓がドキドキする、手に汗がでる、電車に乗る事が出来ない、症状が出たらどうしようと心配、食欲がない、耳鳴り、めまい、胃痛、皮膚のカユミ、病院を転々としている。などなど。

これらを総称して自律神経失調症と診断されている方が多かったのです。

今年の4~5月は小さいお子さんの疳の虫(夜泣き、キーキー声、かみつく、など)が多く、治療室で疳の虫対策としてスキンタッチ教室を開きました。疳の虫とは現代風に言うと小児神経症です。今月は大人の神経症が多く「春は気が上る」とはよく言ったものだと思うのでした。

|
|

« 東京スキンタッチ会、指導者講習会を開催しました。 | トップページ | 赤ちゃんのアトピー肌を診て気が付いた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鍼灸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528505/45500724

この記事へのトラックバック一覧です: 6月に多い症状:

« 東京スキンタッチ会、指導者講習会を開催しました。 | トップページ | 赤ちゃんのアトピー肌を診て気が付いた »