« 蘭の蕾と花芽 | トップページ | 奇跡のホルモンがメタボを改善 »

蛋白質を摂る

体を作るのは蛋白質。
一日にどの位の量が必要でしょうか。

体重50Kgの人は、蛋白質を1日に50g必要です。
では肉を50g食べれば良いかというと、そうではないのです。
肉には脂肪や水分が含まれているので、同じ肉でも脂肪が少ない赤身の方が蛋白質の量は多くなります。

サーロインステーキ290gで蛋白質50gです。

どうですか、290gはかなり多いと思いませんか?

体重が50Kgの人は肉290gを朝昼晩と3食に分けて1回に約100gを目安に食べるといいですね。この量ならば無理なく食べられます。肉だけでなく魚、豆類、乳製品などの蛋白質もOKです。
ちょっとした知識や工夫を知っていると体力が違ってきます。

患者さんにこのようなお話をしたところ、食事を変えてから疲れなくなったと報告をいただきました。

  鍼灸してるっていうのも大きいと思いま~す (と内心さけんでみる)

「 休日に外出すると、以前は帰宅後にはぐったりと疲れてしまい、癔横になっていたので食事の支度ができませんでした。それが食事の内容を変え、蛋白質を毎食摂るようにしてからは帰宅後に食事を作れるようになりました!ほんと、全然違うんです!! 」 とのことです。

私のお伝えした事を実行し、継続してくださったので体に変化がでたのです。実行&継続をありがとうございます。

これからの季節は寒くなります。
筋肉量の多い人は代謝が良いので体が熱を作りやすく温かいです。冷え性の人は蛋白質を意識して摂り、運動で筋肉を増やし、冷え性を改善していきましょう。蛋白質の取り方は「毎食摂る!」これがポイントです。

今日読んだ本 「野球食」 海老久美子著 には蛋白質は1度に材料として使われる量が決まっており、それ以上は脂肪になる。1度に食べだめせずに毎食に意識して摂ると良い。と書いてありました。私がみなさんにお伝えしたことが間違っていなかったとうれしくなりました。

|
|

« 蘭の蕾と花芽 | トップページ | 奇跡のホルモンがメタボを改善 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528505/43313909

この記事へのトラックバック一覧です: 蛋白質を摂る:

« 蘭の蕾と花芽 | トップページ | 奇跡のホルモンがメタボを改善 »