トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

蘭の蕾と花芽

時間ができたので久しぶりに園芸をしました。

鉢の枯葉をとったり、花壇の土を返したり、お天道様の日差しを浴びながら
時間を忘れて楽しいひとときです。

蘭の鉢の手入れをしていたら花の蕾を発見しました。
Dsc00058




急いで他の蘭の鉢を見ると2つの鉢に花芽がでています。
水遣りだけでこまめな手入れをしていないのにすくすくと育ってくれてありがたいです。
来年の2月頃に咲く蘭の花が楽しみです。

Dsc00061



花と花芽のついた鉢3個です。よく育ってくれるよう日向に移動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

板橋区・女性健康セミナー開催

25日午前に板橋区の女性健康支援センターでお灸の実技講座が開かれました。私は今回その講師を務めさせて頂きました。

いつもはプロの鍼灸師、鍼灸学校の学生に授業を行っていますが、今回は一般の方が対象です。ちいさなお子さまをお持ちの親御さんに「スキンタッチ」をお伝えすることはあるのですが、こちらは火傷などの心配はありません。

Dsc00052

 

 

お灸が初めての方(だと思う)35名がツボをとり、それをチェックして、お灸(多分初めて)をして頂く、、、
これを1人で見て回れるかしら、というのが心配でした。

しかし考えていたよりもスイスイと進み時間通り終わることができました。
案ずるより産むが易しですね♪

Dsc00057  


 

みなさん熱心で質問も活発でした。

★不眠のツボはどこですか?  

   失眠です。足裏のかかとの真中です。

★肩こりはどこにお灸したら良いですか?

   首を前後左右に動かして、つっぱりやコリを感じる所にお灸をすえましょう。

★お薦めのお灸はありますか?

   お灸はたくさん種類があります。ご自分で感じる熱さがちょうど良いものを使ってください。ネットで検索すると色々あります。

★免疫を上げるツボはどこですか?

   手足、体幹にお灸をして血行を癔癔良くしてください。

★一日の中でいつお灸をしたらいいですか?

   お風呂の前後1時間はやめて、それ以外はいつでも大丈夫です。

★眼精疲労はどこにお灸したら良いですか?

   臂臑(ひじゅ)です。腕にあり肩先から前に指4本下ったところです。

 

アンケートのご意見もいただきました、ありがとうございました。

★お灸は初めての体験です。手軽に出来ることがわかりました。
★託児付きなのが良い。
★また開催してください。
★鍼灸院に行っていますが、自宅でお灸が出来たらいいなと思い参加しました。
★免疫が高くなることが分かりました。
★次は肩こりをお願いします。   (はいはい了解です~~)

参加してくださいました皆さま、楽しい時間をありがとうございました。
お家でぜひお灸を続けてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

東京スキンタッチ会・指導者講習会

11月24日(祝)は年2回開かれる東京スキンタッチ会の指導者講習会でした。

スキンタッチとは皮膚をなでたり、こすったりする、軽い刺激を皮膚に与える健康法です。
親御さんがお子さんにご家庭で簡単にできる健康法として、何かいい物はないかと鍼灸師が考えだしたものです。江戸時代に日本で発祥した小児鍼が元になっています。

スキンタッチをお子さんにしますと夜泣き、便秘、食欲不振などのかんの虫(小児神経症)の症状が改善してきます。去年はNHK「すくすく赤ちゃん」の取材を受け、お子さんのかんの虫で悩むママ達の注目を集めています。

さて、そのスキンタッチのやり方は鍼灸師が一般の親御さんにスキンタッチ教室を通してお伝えしていますが、その教室を開く鍼灸師はスキンタッチ指導者講習会に出て勉強する必要がありす。

その指導者講習会の講師として生理学のお話させていただいております。毎回、新しい鍼灸師の方々との出会いがあるので楽しみにしています。

1982_2 658b_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

板橋区・女性健康セミナー

11月25日(火)10~12時、板橋区の女性健康支援センターで講師をいたします。

内容は月経のトラブル、更年期の症状を和らげ、ホルモンのバランスを整えるセルフケアをお伝えします。

セルフケアはお灸を使ってツボに刺激していきます。今回使用するのはセンネン灸です。MOXAという香の良いお灸がございますので皆さんに使って頂こうと思っています。

定員35名のところを申込みが始まりすぐに満員になったと区の担当の方から伺いました。
ツボ刺激やお灸という、一般の方の身近にない物に、興味を持っていただきとても嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

トップページ | 2008年12月 »